【ダイエッター必見!】バターに代わるココナッツバターの魅力とは

最近何かと話題のスーパーフード !その中でも海外から日本までブームになったココナッツオイルは多くのメディアなどに取り上げられ、知っている方が多いかも知れません。ではココナッツバターというものがあることは知っていましたか?「バターもオイルも同じなんじゃないの?」と思っている方に今回はココナッツバターの魅力やオイルとの違いなど詳しくみていきます!

ココナッツバターとはどんなもの?

牛乳から作られるバターはコクがあって、お菓子や料理にたっぷり使うと濃厚で美味しいものばかりですよね!私はバターたっぷりの洋菓子が大好きです。ですが気になるのはカロリーですよね。「バター」と聞くとどうしても高カロリーなイメージで特にダイエットには敵!なので食べちゃうと罪悪感がすんごい…

ですが、ダイエット中でも罪悪感なく食べられる「バター」があります。

それがココナッツバターです!

ココナッツバターには乳成分は一切含まれておらず、ココナッツの果実(白い果肉の固形胚乳)を丸ごとすり潰したもの。クリーム状にすり潰してあるのでまろやかな口触りが特徴的です。

また、ココナッツの脂質はラードのように冷えると固まる性質があります。約20℃〜25℃くらいでココナッツの脂質は固まるので冷蔵庫などに入れるとビンからすくうときに硬くて大変なので常温で保管するのがおすすめです。通常のバターのように温めると液体になるので料理やお菓子にも通常のバターのように使えます。

ココナッツオイルとココナッツバターは何が違うの?

みなさんが一番疑問に感じる点はココナッツオイルとココナッツバターの違いではないでしょうか?ココナッツオイルとココナッツバターにはそれぞれ違った特徴や栄養素があるので違いについてみていきましょう!

その1 それぞれの製法が違う

ココナッツバターは上記の通り、ココナッツの白い果実の部分(固形胚乳)を丸ごとすり潰してクリーム状に作られたもの。

一方ココナッツオイルはココナッツの果実(固形胚乳)を搾り抽出したもの。

ココナッツの油分を使用しているという点に関しては同じですが、ココナッツオイルとココナッツバターでは製法がそれぞれ異なっているのです。

その2 味や食感が違う

ココナッツオイルはココナッツの果実のオイルだけを抽出しているので、香りはココナッツの良い香りがしますが、そのまま食べるのには少しオイリーすぎるのであまり得意ではない方もいるかも知れません。私もコーヒーや紅茶などのホットドリンクに大さじ一杯のココナッツオイルを入れて飲んだことがありますが、もちろん油と水なので分離してオイリー感が強く、正直独特に感じました。料理やお菓子に加えるとココナッツオイルのオイル感を強く感じないのでココナッツオイルが苦手な方にはお勧めです!

ココナッツバターもオイルなのでオイリー感が強いのかなと思いましたが、ココナッツオイルとは違って濃厚でほのかに甘みがあり、

まるでココナッツ風味のホワイトチョコレートを食べているような感覚でした!

ココナッツの果実を丸ごとすり潰しているので、果肉が入っていてそのまま食べても美味しいんです!なめらかでクリーミーなココナッツバターはココナッツオイルが苦手に感じた方にもお勧めできる美味しいスーパーフード なのです。

その3 含まれている栄養が違う

同じココナッツから作られているのに栄養成分が違うってホント?と思う方も多いかも知れませんね。ですが、実はココナッツバターはココナッツオイルよりも栄養価が高いんです!

その理由は製法の違い

ココナッツバターは果実と丸ごとすりつぶすことで、ココナッツの繊維もそのまま食べることができます。そのため、ココナッツオイルよりも食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養が豊富に含まれています。

また、ココナッツバターはココナッツオイルよりもカロリーが低いのも特徴です!

ココナッツオイルは糖質が含まれておらず、低脂質で美味しく食べられるのに低カロリーなのはとっても嬉しいことですよね。

ココナッツバターは美容や健康にも効果的!

ココナッツバターにはオイルよりも栄養が豊富と言いましたが、具体的にどんな栄養が豊富でどんな効果が期待できるのかをみていきます!

便秘解消

ココナッツバターにはココナッツの果肉や繊維が豊富に含まれているため、豊富に含まれる食物繊維が便秘の改善に役立ちます。また、ココナッツバターに含まれる脂質は中鎖脂肪酸のラウリン酸という母乳や牛乳などに含まれる天然成分で、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良くし、さらに便秘の改善をしてくれる強い味方なのです!

ダイエット効果

善玉菌を増やす中鎖脂肪酸はダイエットのサポートも!

中鎖脂肪酸は体内に吸収されてからエネルギーに変わるのが早く、体内で効率よく分解されます。なので脂肪がつきにくく、かつ痩せやすい体質になります。ココナッツバターにはそんな中鎖脂肪酸がおよそ60%も含まれているのです!

ココナッツオイルにも中鎖脂肪酸が含まれているのでどちらともダイエット効果は望めますが、食べやすさやカロリーが気になる方はココナッツバターの方をおすすめします。

アンチエイジング効果

ココナッツバターには美肌に効くビタミンCビタミンEが豊富!特にビタミンEには抗酸化作用があり、老化を促進する活性酵素を除去します。活性酵素を除去することでシミやしわ、くすみなどを防止に繋がります。

また、ビタミンCやビタミンEは肌荒れやニキビを修復してくれる作用も期待できます。特に生理前などはお肌が荒れやすくなりますよね。ココナッツバターを食べて生理前の肌荒れも防止しましょう!

生活習慣病予防

ココナッツバターには抗酸化作用があると言いましたが、抗酸化作用はお肌の老化防止だけでなく、体のサビ付きを防ぎ生活習慣病を予防する効果も期待できます。ココナッツバターに含まれる中鎖脂肪酸は血液をサラサラにしてくれるので高血圧の予防にも効果的!また、サラダ油や動物性の脂質には飽和脂肪酸という脂質(バターなど)が多く、摂りすぎるとコレステロール値が上がる可能性がありますが、ココナッツバターに含まれる脂質は中鎖脂肪酸なので逆にコレステロール値を正常化してくれます。普段使用している動物性の油をココナッツバターに変えることで健康の維持に繋がります。

むくみや貧血の予防

ココナッツバターにはミネラルであるカリウムが含まれており、このカリウムは余分な塩分を排出し、高血圧の予防やむくみの解消に効果的です。むくみは放っておくとどうしても太って見えてしまうので一刻も早く摂りすぎた塩分はカリウムで排出してしまいましょう。また、鉄分も豊富なので特に女性がなりやすい貧血も、鉄分を補給して予防をしましょう。

ココナッツバターの選び方

ココナッツバターやココナッツオイルにも色々な種類があります。ココナッツバターを選ぶとき、どんなことに注意しなくてはいけないのかをご紹介します。

ココナッツバターを選ぶポイント

・無添加のものを選ぶ

・加熱処理されていないものを選ぶ

・オーガニックのものを選ぶ

無添加のココナッツバターは、ココナッツをすりつぶして作られて何も添加物を加えられていないもの。安く売られているココナッツバターは漂白されていたり、砂糖や塩などが添加されているものもあります。また、加工するときに48℃以上の熱を加えてしまうとココナッツバターに含まれる酵素が壊れてしまうため、ココナッツバターの良い栄養素をしっかり吸収したいという方には「Raw」の文字があるものを選びましょう。そしてナチュラルな食品を取り入れたい方はオーガニック製品を選ぶと農薬や遺伝子組み換えなどの心配がなく安心して食べることができます!

プロおすすめのココナッツバターはこちら

【栄養士おすすめ】人気ココナッツバターランキング!ダイエットに効果的な4つのアイテムを厳選!

2019.01.29

ココナッツバターはどうやって食べるのがベスト?

ココナッツバターはほのかに甘くクリーミーなので、「少し甘いものが食べたな」と思うときにそのまま一口食べるのもアリです!他には、通常のバターのようにパンに塗って食べたり、マフィンやスコーン、クラッカーなどなんでも相性抜群!

特におすすめの食べ合わせはココナッツバターとはちみつやメイプルシロップなどがパンやパンケーキなどにもよく合います。

ココナッツバターを使った簡単レシピについてはこちら!

【超話題】ココナッツバターを使った簡単お菓子レシピ3選   

2019.01.25

ココナッツバターの注意点

そんな良いことづくしのココナッツバターですが注意点もあります。

ココナッツバターの脂質は動物性の脂質に比べて健康効果や美容効果が期待できますが、とは言え脂質であることが注意するポイント。当然ですが、ココナッツバターも食べ過ぎれば逆効果を招きます。

過剰に食べ過ぎるとアレルギーが出てしまったり、頭痛や吐き気などの症状が出る可能性があります。食べ過ぎには注意しましょう。

目安は一日大さじ2杯程度です。適量を心がけて美味しくいただきましょう!

ココナッツバターで美味しく健康サポートを!

まだ日本では見かけることが少ないスーパーフードかもしれませんね。ですが、ココナッツオイルよりも美味しく、栄養も満点なココナッツバターはこれから流行る最強のスーパーフードかも!クセのないココナッツバターが多くの方の朝食やおやつとして食べられる日も近いかもしれません。ココナッツバターを見かけた際にはぜひ試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!私は栄養士課程を卒業し、栄養士として病院で働いたあと海外に住んで自立した生活をしてみたいという昔からの夢を果たすべくおワーキングホリデービザを取得しオーストラリアに在住しています。 もともとオーガニックやスーパーフードに興味を持っていたのでオーガニックのものが盛んな健康大国オーストラリアを選びました。 オーストラリアの情報や食べ物情報、健康のことなどをみなさんに発信していきます!