【栄養士厳選!】ピスタチオおすすめランキング

スイーツやジェラートなどでもよく使われている、綺麗なグリーンが特徴的なピスタチオ!
ナッツの中でも旨味の強いピスタチオなので、お好きな方も多いと思います。
今回は美味しいだけじゃない、ピスタチオの健康効果や栄養などをみていきます。
さらに、数あるピスタチオの中でもおすすめのものを厳選してご紹介します!

ピスタチオの栄養と効果

比較的柔らかめで、コクのある味がやみつきになる万人受けのナッツ、ピスタチオの栄養や嬉しい健康効果についてみていきます!
「ナッツの女王」と呼ばれる、美味しいピスタチオは様々な嬉しい効果を持っているので要チェックです!

美肌・アンチエイジング

ピスタチオにはβカロテンが含まれています。

βカロテンは美肌に関わる栄養成分で、保湿効果やニキビの予防にも効果があります。 βカロテンの他にもお肌のサビの原因となる活性酵素を除去する抗酸化作用のあるビタミンEやルテインを含んでいるので、シミやしわなどのお肌の老化を防ぐアンチエイジング効果が期待できます!紫外線やお肌の老化に負けない強いお肌を作り上げてくれます。

むくみ・貧血

むくみは特に女性に多く、とっても辛いですよね。

足がだるくて重かったり、スッキリしないと疲れが取れていないような気がしますし、お酒の飲み過ぎや塩分の取りすぎで顔がむくんでパンパン・・・なんてこともあります。

ピスタチオにはカリウムが含まれており、むくみ予防や改善に最適なのです!
カリウムは体内の余分な塩分を排出してくれるので、お酒を飲むときは塩分の強いおつまみ食べるより、ピスタチオを一緒に食べるのがむくみ予防にはとってもおすすめ!

また、むくみと同じくらい悩んでいる方が多いのが貧血です。
ピスタチオは鉄分豊富なので、持ち歩きもしやすくて、さくっと食べられるので気軽に貧血の予防もできちゃいます!

便秘予防

ナッツ全般に言えることですが、ピスタチオも食物繊維がとっても豊富なので、便秘の改善に役立ちます。また、ナッツに含まれている脂質は不飽和脂肪酸なので、腸内環境を良くし腸の働きを活発化してくれます。なので、食物繊維と不飽和脂肪酸の相乗効果で便秘知らずの快腸状態をキープしてくれます!便秘が改善することで、代謝が良くなり痩せやすい体質になったり、ニキビの予防にも繋がります。

疲労回復

ピスタチオにはポリフェノールの一種のプロアントシアニジンが含まれています。
プロアントシアニジンは赤ワインやココア、クランベリーなどにも含まれていて、強い抗酸化作用を持ちます。

人が疲れを感じるのは活性酵素が増えすぎて、体内が酸化ストレスに陥ってしまっていることが原因で、筋肉や細胞へのダメージが肉体の疲労感に繋がってしまいます。

この活性酵素を除去するのに必要なのが主にビタミンのA,C,Eです。
ピスタチオはビタミンEの約50倍もの抗酸化作用のあるプロアントシアニジンを含んでいるので疲労回復にぴったりの食品なのです!

眼病予防

ピスタチオは「天然のサングラス」と呼ばれているルテインが豊富!

このルテインは紫外線やブルーライトを吸収してくれるので、特にスマホやテレビ、パソコンを良く使う疲れ目の現代の私たちにとって強い味方です。

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますが、脂質と一緒に摂ることで体内への吸収率が上がるのですが、ピスタチオの場合は油分もルテインも含んでいるので、ピスタチオだけでルテインをしっかりと吸収してくれます。

ピスタチオの選び方

様々な効果を持つピスタチオですが、どんなピスタチオを選んだらいいのか迷いますよね。
そこで、目的に合わせたピスタチオの選び方をみていきます!

生とローストはどっちがいい?

ナッツは基本的にローストされたものが多いですよね。
実は生のナッツも食べられることは知っていましたか?

ナッツの種類によってはローストされていた方が食べやすかったりしますが、ピスタチオは生のものでも比較的食べやすく、食感は「ガムみたい」と言っている方が多かったのですが、私的にはローストよりか柔らかいので食べやすく感じました。

栄養価的には非加熱の生のナッツの方が余すことなく栄養を吸収することができるのでおすすめですが、生のナッツは水分量が多いためカビが生えやすいのと、無加工加熱処理のナッツだと「レクチン」と言うタンパク質の一種が含まれているため、食べすぎると人によっては嘔吐や腹痛になる可能性があります。

大量に食べなければ大丈夫ですし、低温加熱処理された生ナッツもあるので安心してください。また、ローストしたからと言って栄養価がめちゃくちゃ下がると言うことはありません。

食べやすさは素焼きナッツ、栄養価は生ナッツで目的によっておすすめは変わってくるので自分に合う方を試してみてくださいね!

殻付きとむき身は何が違う?

ピスタチオの特徴は綺麗なグリーン色の他に殻付きで売られているものが多いこと。
ピスタチオのからは手軽に手で剥くことができるので、ピスタチオ通の方は「殻を剥いて食べるのが好き!」と言う方もなかなか多いです。

むき身の方がゴミも出なくて食べやすいですが、殻付きの方が酸化されにくくナッツの風味が損なわれにくいので、個人的には殻付きがおすすめです。 おかし作りやオフィスに持っていきたい方はむき身をおすすめします!

産地のチェック

ピスタチオは主にイラン産とアメリカ産が有名で、産地によってかなり味が違ってきます。

アメリカ産は比較的丸みがあって優しい味わい、イラン産はピスタチオの味が濃くしっかりとした実が特徴です。
どちらも美味しいのですが、イラン産の方が旨味が強いと感じる方が多く人気が高いです。
私もイラン産の方が好きですが、個人差はもちろんあるので食べ比べてみてもいいかもしれませんね!
アメリカ産はお菓子や料理に、イラン産はそのまま食べるのにおすすめです。

ピスタチオの保存方法

生のピスタチオは特に、高温多湿に弱くカビが生えやすいのでジップロックやビンなどに入れて密閉して冷蔵庫で保管するのがベストです!

夏場でなければ常温でも大丈夫ですが、商品によって賞味期限は変わりますが、基本的には開封したら1ヶ月以内には食べきった方が良いです。

また、ピスタチオの綺麗なグリーンな色を保ちたい場合は、冷凍保存がおすすめです。

注意するポイント

栄養満点なピスタチオですが、注意してほしいポイントもあります。せっかくの栄養や嬉しい効果をムダにしないために守ってほしいポイントをいくつかみていきます!

注意ポイント

・食べ過ぎない

・開封後は早めに食べる

ナッツはカロリーの低い食品ではありません。体に良い不飽和脂肪酸とは言え脂質なので食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになったり、人によってはアレルギーや腹痛、肌荒れの原因となる可能性があります。

ピスタチオは一日20粒程度を目安に食べましょう!

また、ナッツは酸化する前に食べきるのが良いので、大袋で購入した場合は小分けにしてなるべく空気に触れないように保管しましょう。一気にまとめ買いで大袋をいくつも買うのではなくなるべく早めに食べきれる量を購入してくださいね!

栄養士おすすめピスタチオランキング

今回は無塩のピスタチオで、それぞれ産地が異なるアイテムをみていきます!
ローストのもの生のもの、産地が違うものなのでお待ちがいないようにチェックしてください。それでは早速おすすめのピスタチオをみていきましょう!

1位 小島屋 殻付きロースト イラン産 1kg(¥3758~)

ナッツやドライフルーツを取り扱う小島屋!

最高級のイラン産ピスタチオを殻付きのまま強火でローストしているので、旨味を損なうことなく深いコクのある、イラン産のピスタチオ本来の美味しさを引き出しています!

イラン産のピスタチオは塩付きのものが多いのですが、小島屋のこだわりのロースト製法で塩なしでも甘みを引き出すことに成功しています。

楽天のピスタチオランキングでも2位を獲得しており、評価の非常に高いピスタチオです。最高級のイラン産のピスタチオを極限まで安く提供できるようにしているので、数に限りがあるそうなので早めに購入することをおすすめします。

【どうしても塩付きのピスタチオが食べたい!そんな方にはこちらもおすすめ!】

小島屋 殻付きロースト塩付き イラン産 1kg(¥3812~)
「ピスタチオランキング1位受賞」「SOY ショップオブザイヤー受賞」の人気ピスタチオです!

2位 フルッタ 殻付きロースト アメリカ産 1kg (¥2800~)

ナッツとドライフルーツの販売会社、フルッタの無塩、無油、無添加の殻付きピスタチオ
年度や季節など見極めて、美味しいピスタチオが収穫できるエリアを選んで厳選された100%アメリカ産にこだわったピスタチオです。
アメリカ産のピスタチオはわりとあっさりした後味で、濃厚すぎるのが苦手と言う方にはぴったりのピスタチオです!

口コミでは「開けた瞬間の香りがとても良い!」「あっさりしているけど物足りなさはなく、塩なしでも充分に美味しい」などかなり高評価で、リピーターの方もかなりいました!
比較的小粒なピスタチオですが、殻はむきやすくて食べやすく、味にも量にも大満足のアイテムです!

3位 CINAGRO むき身 生ピスタチオ 80g(¥1780~)

100%オーガニックにこだわった CINAGROのイタリア産の生ピスタチオ!

イランやアメリカが多いピスタチオですが、実はイタリアのシチリア島で栽培されているピスタチオもかなり濃厚で、香り高く深みのある優れたピスタチオなんです。
CINAGROのピスタチオは、シチリア島のエトナ山の近くで栽培されており、火山灰を含む土やシチリア島特有の寒暖差の激しい厳しい気候の中で育ったピスタチオなのでイランやアメリカとはまた違った深みとコクの強い美味しいアイテムです!

有機JASや海外有機認定も取得しているオーガニックと品質に非常にこだわりを持っています。

生ピスタチオは大袋入りよりも少量の方が保存しやすいのと、美味しさが損なわれないうちに食べきれるので80gサイズはちょうど良い量ですよね! 生のピスタチオを試してみたい方やお菓子作りに使いたい方にはおすすめです。

ナッツの女王ピスタチオのトリコに・・・!

ナッツの中でも人気の高いピスタチオは産地や製法によってもかなり味わいが変わってくるので、自分のライフスタイルと口に合う美味しいピスタチオを見つけてみてくださいね!
値段が全てではありませんが、全てにこだわりのあるピスタチオは値が張るものもあります。正直コンビニなどでかなり安く売られているものなどと食べ比べると味は相当変わるので特別な時やギフトなどでちょっぴりリッチなピスタチオを試してみるのもいいかもしれません。美味しいピスタチオを食べて気分も体もハッピーになれますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!私は栄養士課程を卒業し、栄養士として病院で働いたあと海外に住んで自立した生活をしてみたいという昔からの夢を果たすべくおワーキングホリデービザを取得しオーストラリアに在住しています。 もともとオーガニックやスーパーフードに興味を持っていたのでオーガニックのものが盛んな健康大国オーストラリアを選びました。 オーストラリアの情報や食べ物情報、健康のことなどをみなさんに発信していきます!